なべしす

独立系SI企業から完全異業種のベンチャー企業に転職、社内のITインフラを整えるべく颯爽と登場した自称天才プログラマー俺のハートフルブログ

Amazon MWS ASINを指定して最安値を取得する

この記事は、
Amazon Marketplace Web Service (Amazon MWS) Advent Calendar 2016 - Qiita 17日目の記事です。

商品の最安値を調べるってのはリサーチの基本だよね。
今回はASINを指定して最安値を取得するアクションの紹介をしようと思う。
知ってるよそんなのって人も復習がてら見ていったらいいんじゃないか

どれ使う?

Action:GetLowestOfferListingsForASIN
Products_GetLowestOfferListingsForASIN
Response:XML

何個か似たようなのがあるけど今回はGetLowestOfferListingsForASINを使う。

パラメータ

MarketplaceId:取得したいプラットフォームのID。
ASINList:取得したい商品のASIN(最大20個/リクエスト)。
     → ASINList.ASIN.1=...ASINList.ASIN.2=...みたいな感じで指定
ItemCondition:NewとかUsedとか。デフォルトはALL。

レスポンス

MarketplaceId:JP
ASIN:B01HNORGS4
ItemCondition:New
の情報。

LowestOfferListingsForASINResponse

出品商品グループごとの、最も安い出品の価格情報がXMLで取得できる。
以下ぱっと見わからなさそうな要素のざっくりな説明。
FulfillmentChannel:AmazonがFBA
ShipsDomestically:Trueで国内発送
LandedPrice:商品価格+送料
MultipleOffersAtLowestPrice:Trueで同価格で他のセラーが存在する←知らなんだ

それだけー