読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺でもできるもんな

独立系SI企業から完全異業種のベンチャー企業に転職、社内のITインフラを整えるべく颯爽と登場した自称天才プログラマー俺のハートフルブログ

プロジェクトスタートアップ決め事

注意

これは、社内向けに作った資料の一つです。
あくまでも弊社での決め事で業界のスタンダートではないです。

はじめに

システム開発においてプロジェクトのスタートアップ時に、
「しっかり決めておかないと始まらない」
もしくは、
「いつか後悔することになる」
といったことをまとめておく。

プロジェクトのスタートアップ時にはこの一覧を参照し、色々決定していく。
また、順次更新していく。

決め事一覧

概要

サービス側

  • このシステムを導入することで、どのようなメリットがあるか。
  • どの程度のユーザーに使ってもらうか。
  • どの程度のデータ量になるか。
    など

技術側

  • プロトタイプを作って使う側に見てもらう。
  • 質は置いておいてスピードを優先する。
  • 仕様をしっかり練って丁寧に開発を進める。
    など

各開発領域

インフラ

  • サーバーサービス

AWS EC2、さくらサーバー、自社サーバーなど

Amazon LinuxCentOSRed Hat Linuxなど

  • DB

RDS、サーバー内にたてる、別サーバーのものを使うなど

  • サーバースペック

EC2であればt2.micro、t2.smallなど

  • オートスケール

何台サーバー用意するか、ロードバランサーはどうするか

  • Webサーバー

Apache、nignxなど

UnicornTomcatGlassFishなど

サーバーサイド

  • 開発言語

RubyPHPJavaなど

Ruby on Rails、Cake PHPApache Strutsなど

MySQLSQLiteSQL Serverなど

  • テストコード

Cucumber、RSpecなど

  • CIツール

Jenkins、CircleCIなど

フロントエンド

Bootstrap、Semantic-UIなど

React.js、Backbone.JSなど

マイルストン

大きなマイルストン

プロジェクトの完成予定。

小さなマイルストン

機能毎の完成予定、画面毎の完成予定。

予算

予算が決まっているのであれば、その中で利用サービスを考える必要がある。
また、機能の削減や人員の増減もこれによって変わる。

タスク管理

進捗報告の方針

どの程度の粒度で報告するか。

ツール

Redmine、Teregramなど

体制

プロジェクト体制

社内システムであれば、
システムを導入する部署の担当者とシステムのPM/PLが
並列でシステムのことを考えられる体制が理想的。

開発メンバー

各PGメンバーの特性と稼働曜日などを加味した上で選出する。

その他

他にも色々あると思うので、コメントなどお待ちしております!

まとめ

小さなプロジェクトだとしても、これだけ決めないと始まらないんだなあ
みつを